ニコタマ製作所。日誌

東京は二子玉川に住んで20年。お仕事と子育てをなんとか回している、庶民派主婦です。

「会社文化」に思う(浦島太郎が就職したら)

 

お久しぶりでございまーす!!
だいたい18年ぶりくらいの会社生活をはじめとうとう1ヶ月。

もう、疲れ果てておりました。

ほら、社内ツール的なものも進化してたりするじゃないですか。スプレッドシートって何?みたいな。あと、その会社独自の文化とか。

フリーが長いといちいち

「この書類は意味があるのか?????」

「なぜこの申請をしなくてはならないのか????」

といったことが気になり、律儀にストレスを溜めておりました。

 

まあでも、この年になってそういった会社勤めの常識的なものをリニューアルするのもなんだか面白いような気がするので、気を取り直して次のように考えることにしました。

「無駄なことをしてこそ”会社”である」

 

または、

「無駄があってこその”会社”である」

 

と。

社内文書を作るためにみんなすごく残業とかしていて、「その仕事は一銭にもならないのでは……」と心配になったりするのですが。

おおぜいで働くっていうことは、そういうもんなんでしょうねえ〜(いや、会社によよるか)。

 

話は全然変わりますが、よく拝見するブログ「madameHのバラ色の人生」によると、

渋谷の東急ハンズで蚤の市をやっているらしいです。

 

madameh.exblog.jp

 

記事の下の方を見ていくと、マダムのアンテナにかかった可愛いものがいっぱい💕

タータンチェックのティーセットほしいいいいいい!💖💖 すぐ行かねば!

と思い、ハンズのHPを見てみたんですね。それがこちら↓

shibuya.tokyu-hands.co.jp

 

マダムのブログと同じように売り場の写真がいっぱい載ってますが。。。。

う〜ん……。

 

いきなり、「行かなくてもいっか!」と思ってしまいました。

 

マダムの目を通すと面白いもの・素敵なものがいっぱいあるように見えるのに、公式HPでは、誰に何を見せたいのか、どう面白いのか、魅力が全然伝わらないんですよね。

ただ単に、「こういった売り場を設営しました」という報告書みたいな感じで……。

この写真を撮った人が、ここを「好きだ」とか「楽しい」「これ見て欲しい」という気持ちが伝わってきません。

ざんねんです。

 

マダムのセンスが素晴らしいのはさることながら、なぜ人気があるのかよくわかる気がします。

 

 

やはり、「愛」かな。

仕事にも愛が必要。