ニコタマ製作所。日誌

東京は二子玉川に住んで20年。お仕事と子育てをなんとか回している、庶民派主婦です。

河相我聞さんの言葉力~「お父さんの日記」を読む

 

言葉には人生観が表れる

最近、俳優の河相我聞(かあいがもん)さんのブログが面白いとツイッターかいわいで評判になってます。

河相さんは二つのブログを運営されてます。

どちらも河相さんのユーモアと文章力が炸裂!

ameblo.jp

かあいがもん「お父さんの日記」

お父さんの日記

2017/09/06 16:13

 

 

アメブロのほうは、リアルタイムの日々の雑記、

はてなブログのほうは、河相さんの思索をじっくり読ませる長文の記事、

と使い分けてらっしゃるのでしょうか。

芸能人の方で、文章を書き分けるってすごくないですか!?

プロのライターかよ! って感じです。

 

はてなのほうは、宝島社から書籍にもなってます。

読み応えたっぷり。我聞ワールドにたっぷりひたれます。

お父さんの日記

お父さんの日記

 

 

我聞さん、すごいなあと思っていたところ、

我聞さんの文章に関するこの方のツイートがとても納得しました。

引用させていただきます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私見だけれど、言葉を操るのが上手い人はためらいが無い。肝以外の枝葉末節を切り捨てる潔さ。

河相我聞氏にはそれがある。

氏の生き方にもそれは現れていて、そのまま文学にも反映されていると感じる。

出来るか出来ないかではなく、やるかやらないか。やるなら何が必要で何が不必要か選択する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://twitter.com/haru_makixxx/status/906054390993133569

 

まさにそのとおりなんですよね。

自分を振り返って、私みたいに生き方に迷いがあると、何かと語尾に「~かもね」などをつけたりして、あいまいにしてしまう。

はっきりと決めきることができないので、無駄な言葉が増え、ややこしくしてしまう。

結局どちらの方向にも進めず、その場にとどまってしまう。

あれこれ理屈をつけて、何かを実現できることが少ない。

人や、その場の流れに流されがち……

 

うーん、煮えきれない。

あまりにも煮え切らなさすぎます。

 

河相さんの文章、すごくソフトで面白いんですけど、

その奥には骨太な人生観と生き方が隠されているんだな、と思ったしだいです。

だから、人を惹きつけるんでしょうね。

 

すばらしい。

見習っていきたいです。